用語集

資産運用で一番やってはいけないことは、分からないことをそのままにすることです。
金融の専門用語を用語をやさしく解説していますので、理解した上で投資をはじめましょう。

受託会社(じゅたくがいしゃ)

受託会社とは投資信託の信託財産を保管・管理する会社のことです。投資信託の組入資産の保管・管理、運用の執行などを受託している銀行のことで、信託業務を営んでいる銀行(信託銀行)がこの業務を行います。 この仕組みのおかげで、投資信託の資産の安全性が保全されています。銀行預金とは違い、投資信託は預金保険による保護を受けられませんが、受託会社がファンドの資産を管理するため、販売会社運用会社が破綻しても、ファンドの資産は保全されます。万が一受託会社である信託銀行が破綻しても、投資信託の資産は、受託会社自身の資産とは分けて管理されています(「分別保管」)。このため、仮に受託会社が破綻しても、分別管理されている投資信託の資産は、差し押さえの対象にはなりません。