運営における役割分担・年金資産の保護

auのiDeCoの運営における役割分担と、年金資産の保護については以下のとおり行っています。

iDeCoの運営における役割分担について

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、確定拠出年金法に基づき国民年金基金連合会が主体となって運営しています。
auアセットマネジメントは運営管理機関・受付金融機関として、加入申込の受付や運用商品の選定・情報提供などをおこないます。
資産の記録・管理は日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー(JIS&T社)が行います。

運用関連運営管理機関 auアセットマネジメントの確定拠出年金iDeCo(イデコ)運営における役割分担について

年金資産の保護について

万一、運用商品を提供する金融機関が破たんした場合でも、加入者等の個人別管理資産が法的に保全されるよう、信託会社などと資産管理に関する契約を締結しています。 投資信託の場合なら、加入者の年金資産は信託銀行において、信託銀行自身の財産と分別して管理・保全されていますので、全額が「信託保全」として保護されます。 定期預金の場合は、預金保険制度(ペイオフ制度)によって、1人1金融機関について元本1,000万円とその利息が保護されます。同じ金融機関で個人型確定拠出年金の他にも預貯金を預けている場合は、それらを合算した額が保護されます。