運用商品の配分方法

iDeCo(イデコ)では長期・分散・積立でリスクを軽減させ、効率的な運用を行うことで価格変動による損失をできるだけ抑える事が重要です。
損失のリスクを抑えたい人はリスクを低めに、多少リスクは取りつつ、利益を追求したい人はリスクが高めのアセットアロケーション(運用する資金を国内外の株や債券などにどのような割合で投資配分するのかを決めること)を行うなど、ご自身の運用志向に見合った資産配分を考えましょう。

  • CASE01
    銘柄選択をお任せ&相場下落に備えた待機資金を確保
    配分割合
    定期預金20% バランス80%
    ポイント
    銘柄選択は版ランスファンドでお任せ
    • 株式・債券に分散投資したバランスファンドで複雑な銘柄選択を回避
    • 定期預金を持つことで、相場が急落した際、リスク資産へ追加投資する事を目的に待機資金を確保
  • CASE02
    各資産のバランスを取りつつ利益を求める
    配分割合
    コモディティ(ゴールド)10% 外国債券20% 国内債券20% 外国株式25% 国内株式25%
    ポイント
    各資産のバランスを意識して攻めと守りのバランスよく
    • 値動きの大きい株式で積極的に運用する一方、一般的に株式相場と逆相関で動く国内債券・外国債券・コモディティを50%配分する事により、攻めと守りのバランスを意識した資産配分
  • CASE03
    積極的にリスクを取って高いリターンを求める
    配分割合
    外国REIT10% 国内REIT10% 外国株式40% 国内株式40%
    ポイント
    長期的な運用を見据えREITを含めた積極的な運用へチャレンジ
    • 長期的な運用を見据えたポートフォリオ
    • 増やすことを意識した株式・REIT中心の積極的な運用
  • CASE04
    給付受取間近を意識した安定運用
    配分割合
    定期預金40% 外国債券30% 国内債券30%
    ポイント
    運用期間が短く給付が間近な方は安定運用を意識
    • 60歳到達で給付が間近のためリスクオフの運用
    • 価格変動が比較的低い債券で運用し、給付に近づくにつれ元本確保の定期預金を徐々に増やす

FAQ

auのiDeCoに関するお問い合わせ

iDeCo(イデコ)の制度や申込方法、加入後の諸変更手続き等をご案内致します。お気軽にお問い合わせください。

AIチャットボット
今すぐ質問する

24時間受付中

カスタマーサービスセンター

受付時間 9:00~17:00

※祝日、振替休日、年末年始、メンテナンス日を除く