ふるさと納税シミュレーション

iDeCoをやっている方の
ふるさと納税の還付・控除
限度額について

ふるさと納税は、課税所得(収入のうち税金がかかる部分)によって控除を受けられる金額が決められます。iDeCoの積み立て分は所得控除ですので課税所得が減り、結果として所得税や住民税を減らせるわけですが、その結果、ふるさと納税の還付・控除限度額もいくらか減ることになります。(ただし、一般的には、ふるさと納税の限度額が減るデメリットより、所得税や住民税の節税メリットの方が大きいでしょう)

寄付金控除の限度額以上にふるさと納税をしてしまうと、超えた分については控除対象外となりますので注意が必要です。

すぐにシミュレーションする方はこちら
積み立てるお金に税金がかからない!

一般的な家族構成での
ふるさと納税上限額は?

一般的な家族構成を例にとり、ふるさと納税の還付・控除限度額をシミュレーションしてみました。

独身者・夫婦共働き(扶養範囲外)の場合

年収/iDeCoの掛金 iDeCoなし 月12,000円 月23,000円
300万円 28,000円 24,000円 21,000円
400万円 42,000円 38,000円 35,000円
500万円 61,000円 57,000円 54,000円
600万円 77,000円 73,000円 70,000円
700万円 108,000円 104,000円 100,000円
  • 掲載している表は、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けていない方のケースとなります。年金収入のみの方や事業者の方、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けている方の控除額上限は表とは異なりますのでご注意ください。
  • 社会保険料控除額について、給与収入の15%と仮定しています。
  • 掲載している表はあくまで目安です。具体的な計算はお住まい(ふるさと納税翌年1月1日時点)の市区町村にお問い合わせください。

片働き夫婦・子供(15歳以下)一人の場合

年収/iDeCoの掛金 iDeCoなし 月12,000円 月23,000円
300万円 19,000円 16,000円 13,000円
400万円 33,000円 30,000円 27,000円
500万円 49,000円 45,000円 42,000円
600万円 69,000円 65,000円 62,000円
700万円 86,000円 82,000円 79,000円
  • 掲載している表は、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けていない方のケースとなります。年金収入のみの方や事業者の方、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けている方の控除額上限は表とは異なりますのでご注意ください。
  • 社会保険料控除額について、給与収入の15%と仮定しています。
  • 掲載している表はあくまで目安です。具体的な計算はお住まい(ふるさと納税翌年1月1日時点)の市区町村にお問い合わせください。

iDeCoをやっている方の
ふるさと納税限度額
シミュレーション

ご本人の年収万円

万円

万円

配偶者の有無(夫または妻)

扶養家族の有無(夫または妻以外)

毎月のiDeCo掛金

0までの寄附なら、
実質負担2,000円となります。

  • 試算結果はあくまでシミュレーションであり、結果を保証するものではありません。
  • 税率は平成30年4月1日の税率にて試算しています。税率が変更となった場合は結果が異なりますので、ご了承ください。
  • シミュレーション結果は、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けていない方のケースとなります。年金収入のみの方や事業者の方、住宅ローン控除や医療費控除等、他の控除を受けている方の控除額上限は表とは異なりますのでご注意ください。
  • 社会保険料控除額について、給与収入の15%と仮定しています。
  • シミュレーションはあくまで目安です。具体的な計算はお住まい(ふるさと納税翌年1月1日時点)の市区町村にお問い合わせください。