個人型年金加入申出書の書き方と記入例 – 自営業者

個人型年金加入申出書 自営業者

個人型年金加入申出書はすべての加入者が提出する必要があります。
アプリやWEBから資料請求をされた方は、一部項目が入力済みになっています。

auのスマホ年金「auのiDeCo(イデコ)」個人型確定拠出年金で自営業などの第1号被保険者が記入する「個人型年金加入申出書」の記入方法
  1. 申出者氏名と押印

    auのスマホ年金「auのiDeCo(イデコ)」個人型確定拠出年金で自営業などの第1号被保険者が記入する「個人型年金加入申出書」内の「申出者氏名と押印箇所」記入方法

    本人以外が記入する場合は押印をお願い致します。(シャチハタは不可になります)

  2. 基礎年金番号

    auのスマホ年金「auのiDeCo(イデコ)」個人型確定拠出年金で自営業などの第1号被保険者が記入する「個人型年金加入申出書」内の「基礎年金番号」記入方法

    資料請求時に基礎年金番号を入力しなかった方は入力をお願い致します。

    基礎年金番号の確認方法はこちら
  3. 掛金引落口座情報

    auのスマホ年金「auのiDeCo(イデコ)」個人型確定拠出年金で自営業などの第1号被保険者が記入する「個人型年金加入申出書」内の「掛金引落口座情報」記入方法

    引落口座情報を入力してください。ご指定いただける金融機関は以下の通り。

    ご指定いただける金融機関
    都市銀行、地方銀行、第二地方銀号 農業協同組合(農協)
    信託銀行(三菱UFJ信託、みずほ信託、三井住友信託) ジャパンネット銀行
    新生銀行・あおぞら銀行 楽天銀行
    信用金庫 イオン銀行
    信用組合 ゆうちょ銀行
    労働金庫 埼玉りそな銀行
    信用農業協同組合連合会(信連) 住信SBIネット銀行
    ご指定いただけない金融機関
    ネット銀行の一部(大和ネクスト銀行、セブン銀行、ソニー銀行、じぶん銀行など) 商工組合中央金庫、農林中央金庫
    信託銀行の一部(野村信託、SMBC信託など) 信用漁業協同組合連合会(信漁連)
    漁業共同組合(漁協) 外国銀行

    上記以外の金融機関でも取扱いができない場合があります。

  4. 掛金額区分

    auのスマホ年金「auのiDeCo(イデコ)」個人型確定拠出年金で自営業などの第1号被保険者が記入する「個人型年金加入申出書」内の「掛金額区分」記入方法

    毎月の掛け金額は最低5,000円から拠出限度額の範囲内で、1,000円単位で指定できます。
    拠出限度額は以下の通り。

    拠出限度額
    国民年金の付加保険料の納付無し+国民年金基金未加入の場合 68,000円
    国民年金の付加保険料の納付有りの場合 67,000円
    国民年金基金に加入している場合 68,000円-国民年金基金の掛金月額
  5. 企業型確定拠出年金の加入履歴

    auのスマホ年金「auのiDeCo(イデコ)」個人型確定拠出年金で自営業などの第1号被保険者が記入する「個人型年金加入申出書」内の「企業型確定拠出年金の加入履歴」記入方法

    当てはまる項目にチェックをつけます。過去に加入している場合は「個人別管理資産移換依頼書」が別途必要です。

  6. 自営業の方専用の項目

    auのスマホ年金「auのiDeCo(イデコ)」個人型確定拠出年金で自営業などの第1号被保険者が記入する「個人型年金加入申出書」内の「自営業の方専用の項目」記入方法

    当てはまる項目にチェックをつけ、入力項目がある場合は入力してください。