あなたのお金を働き者に

人生100年時代に備えるために。
お金に関する対策と知恵を、正しく身につけましょう。

投資信託の種類と特徴

数多く存在する投資信託の中から自分に合った投資信託を選ぶためには、まず種類によって絞り込みましょう

投資信託の種類には様々な観点がありますが、「どの地域の」「どの商品に」投資するか、「どのように」運用するか、という点で分類していくことがお勧め

【投資地域による分類】

内外 国内 日本の投資対象資産に投資します。価格の変動が主に日本の景気、金利などによることから身近で判り易い投資先です。
海外 先進国 主に欧米の投資対象資産に投資します。国によっては日本を大きく上回る収益が期待できますが、為替による影響も受けます。
新興国 アジアや南米などの国々の投資対象資産に投資します。高い成長が見込まれますが、価格変動も大きい傾向があります。

先進国、新興国をあわせた海外、更に国内も合わせた内外を投資先とする投資信託もあります。

【投資商品による分類】

バランス 株式 企業の株式に投資します。株式の売買益が主な収益源となります。価格変動は大きめになります。
債券 国、企業等の発行する債券に投資します。債券の利金が主な収益源となります。価格変動は小さ目となります。
リート オフィスビル、商業施設、マンションなどに投資します。収益のほとんどが分配されます。

複数の種類の商品に分散投資を行うバランスファンドもあります。

【運用方法による分類】

パッシブ運用 インデックス型 指数に連動する運用を目指すファンド
アクティブ運用 グロース型 業績成長が期待される企業に投資して、資産の成長を目指すファンド
バリュー型 割安な株式に投資し、将来の値上りを目指すファンド
特殊型 ブルベア、ロングショートなど特殊な運用を行うファンド。変動が大きく注意が必要。

組み入れている商品の特徴、運用方法を比べて、自分にあった商品をみつけよう

組み入れている運用商品(株、債券、不動産、海外等)のそれぞれの特徴を把握して自分の資産運用手法により見込まれるリスクをふまえ自分にあった商品を探してみましょう

投資対象、運用手法により見込まれる変動の大きさ(リスク)が異なります。リスクが大きい投資信託は値上がりの期待もできる反面、値下がりの危険もあります。ご自身が安定重視の場合、リスクの小さな投資信託がよいでしょう。積極的にリスクをとれる場合は、値上がり益を狙える投資信託がお勧めです。