マネーのレシピ

お金の専門家と一緒に、ワンランク上の資産運用を。

「自分で靴下も履けないような人が、資産運用してるってかっこいい」 壇蜜さんが語る、将来のこと

イメージは美人、聡明、あるいはミステリアスな大人の女性。そしてときに、独特の感性や思考で、心に刺さるような発言をサラリとする。壇蜜さんはタレントという枠を超えて、絶えずその存在、個性を放ち続けています。そんな彼女は今、アラフォーと呼ばれる世代にさしかかり、恋愛を、その先にある暮らし、老後をどう考えているのでしょうか。さらに、将来に欠かせないお金のこと、資産運用の必要性についても、魅力ある持論を語ってもらいました。

壇蜜さんが語る、将来のこと「自分で靴下も履けないような人が、資産運用してるってかっこいい」 - 将来に欠かせないお金のこと、資産運用の必要性についても、魅力ある持論を語ってもらいました
壇蜜

■プロフィール
壇蜜(だんみつ)

1980(昭和55)年、秋田県生まれ。タレント。昭和女子大学を卒業し、日本舞踊師範、調理師など数々の資格を取得、多彩な職種を経験後に、29歳でグラビアデビュー。以後、テレビや映画などで幅広く活躍する。著書に『はんぶんのユウジと』『壇蜜ダイアリー』など。

■完璧ではない男性に惹かれるのは、“健全な共依存”を目指したいから

壇蜜さんが語る、将来のこと「自分で靴下も履けないような人が、資産運用してるってかっこいい」 - 完璧ではない男性に惹かれるのは「健全な共依存」を目指したいから

壇蜜さんが求める男性像は、年齢とともに変化するのでしょうか?

変化してきた部分はやはりありますよ。相手に求める条件が、以前は何となくあれもこれもとあったんですが、それが整理されてきて。結果、条件が減りました。年上が好きだったのに、年下でも老け顔だったり、発想がおじいちゃんみたいだったら、それでいいと思えるようになりましたから。

整理されて残った条件とは何でしょうか?

ひとことで言えば、内面ですね。私は過去に水商売も経験して、過激と思えるようなグラビアの仕事もしてきました。それはタレントとして今ある自分に必要な地固め、売り出すためのプロセスだったと思いますが、世間から見れば堂々と言えるものではないことは、自分が一番よく知っています。

だからと言って、それを馬鹿にしたり、逆手に取って自分の言う通りにさせるような人とは、長くはいられません。そうではなく、これまでの私を理解してくれて「今の仕事を頑張りなよ」と背中を押してくれる、そんな人に惹かれます。

これまで壇蜜さんは各種メディアで、「自分で靴下も履けないような人でもいい」というような、どこかダメな部分、足りない部分がある人に惹かれると、よく発言されていますよね。

言葉は悪いかもしれませんが、そういう相手に対して付け入る隙を探しているんです。だって、靴下を履けるどころかその毛玉まで取る。料理も得意で、趣味は週末のボルダリング。おまけに歯が真っ白で笑顔も爽やかだったら、もう付け入る隙がないじゃないですか。結局、そういう人は「ボクは完璧なんだから、黙ってついておいで」と言う。私の仕事を頑張ってとは言いません。

逆に、相手が私よりも収入が少なかったとしても、エンジニアだったりして私の知らないこと、例えばこの緑色の板(※半導体チップ)はこんな金属でできているとか、話をしてくれる。格好いいと思います。

私がこういう仕事なので、相手の人は収入が多くなくても安定していたらうれしいですけど、ゼロになったり借金を背負わなければいいです。たぶん、お互いがお互いの足りない部分を補うような、健全な共依存を目指したいのだと思います。そういう関係であることが私にとっては大事なんです。

■リスクは避けるのではなく、しっかり向き合う年齢になりました

壇蜜さんが語る、将来のこと「自分で靴下も履けないような人が、資産運用してるってかっこいい」 - リスクを避けるのではなく、しっかり向き合う年齢になりました

ちなみに、今回は資産運用が大きなテーマなのですが、壇蜜さんが思う恋愛と資産運用には、共通点があると思われますか?

価値観という点でつながると思います。いろいろなものに価値観はありますが、恋愛とお金って、人が生きていく上で主軸となるものじゃないですか。恋愛観が同じではない相手を受け入れるのがなかなか難しいように、お金に関わることも相手と価値観が異なると、同様に受け入れるのは難しい。相反するようで、そこがすごく似ている気がします。

資産運用にどういうイメージを持たれていますか?

きちんと理解しないとできないこと。でも、興味はあります。

私のいる世界は安定はしていないから、資産運用とは少し違うかもしれないけれど、土地を買って人に貸すとか、駐車場にして安定収入を得るといったことは考えたことがあります。
以前、バラエティ番組でそのことを言ったら、それが一人歩きして「壇蜜は駐車場経営をしている」と噂になりました。あれは、まったくの誤解なのですが。

そうだったのですね……。ちなみに資産運用の制度として注目されているものに「iDeCo(イデコ)」があります。老後資金づくりのために毎月一定額を積み立てて、投資信託などで増やすための政府主導の制度で、いくつか税制メリットがあります。そのひとつが、掛け金が全額所得控除になるということ。一例を言うと、課税所得300万円ほどの世帯で月2万3000円を掛けた場合、所得税と住民税の税負担が年間で5万5000円ほど軽減されます。

えー、そうなんですか。そうやって説明を受けると、そのメリットがよくわかります。

それと、今のお話って、キーワードは老後ですよね。私、無駄に体が丈夫なんです。うっかりすると100年生きてしまうかもしれない。60歳になってもまだ40年もある。今はまだ何とかなりますが、年を取ってからお金がなかったら暮らしていけないでしょうね。

だから、老後資金の準備は必要だと痛感します。ただ、資産運用はリスクがつきものですから、具体的にそれはどのようなものなのか、そこはしっかり理解しないといけないと思います。

言われるとおり、リスクを十分理解することはとても大事です。その上で補足しますと、「iDeCo」は毎月、一定額を購入することで価格変動のリスクを軽減する効果があります。また、投資信託も複数の投資対象が含まれるため自動的に分散投資になっている面があるのでリスク軽減効果が期待できますが、まったく価格変動リスクを取りたくないということであれば元本保証の定期預金や保険商品を選択することも可能なのです。

それなら初心者でもスムーズに始められそうですね。それに、説明を伺っていて、リスクがわからないからと逃げるのではなく、ちゃんと向き合う、そういう年齢にもさしかかっているとも感じました。

それに先日、銀行預金の金利を見て驚きました。「これ、私の視力より低いじゃない!」って。資産運用でもっと増やせるなら、それが心の支えになるかもしれません。

そうですね。それと、同じ初心者向けの資産運用制度として「つみたてNISA(ニーサ)」も多くの人が利用しています。対象となる金融商品はすべて金融庁が定める「長期・分散投資」に適した商品で、換金・引き出しが自由です。対して、「iDeCo」は引き出すのは原則60歳以降と決められています。(※詳しくは下記バナーリンクから比較ページへ)

壇蜜さんが語る、将来のこと「自分で靴下も履けないような人が、資産運用してるってかっこいい」 - 初心者向けの資産運用制度とは

なるほど。説明を伺って、自分が働いて得たお金をそういった制度を利用して増やすことを始めるべきだと感じます。
「つみたてNISA」も過剰な額でなければやってもいいかな。

一方、「iDeCo」であれば、明確に老後の備えですよね。将来を思って、毎月コツコツと積み立てる作業は自分でもできそうな気がします。それに、運用って願掛けみたいな側面もあるじゃないですか。どうか当たりますようにとお願いする感覚。それはそれで楽しいですよね。

■資産運用って、地に足つけて生きていくための鍛錬みたい

壇蜜さんが語る、将来のこと「自分で靴下も履けないような人が、資産運用してるってかっこいい」 - 資産運用って、地に足つけて生きていくための鍛錬みたい

壇蜜さんはご自身の老後について、気になったりはしますか?

なります。私の中では、もうすぐというイメージ。だから、老後になって月いくら必要なのか、知っておかないと、と思います。

話題になったあの「2000万円」の問題って、残念ながら年金だけでは暮らしていけないよって、国が認めたわけじゃないですか。最初はそれを聞いて「ひどい! 後出しジャンケンでしょ」って思いましたが、でもそうだよねって、冷静になればそう気付く。いや、本当はもっと足りないのかもしれないですけど。

毎月の生活費がどのくらい必要か、把握はされているんですか?

私、実家にずっといたので、一人暮らしをしてまだ10年経っていないんです。だから、最近なんですよ、大体いくら必要かわかったのは。でも、病気になったりして、急な支出があるじゃないですか。そう考えると、飲みに行っている場合じゃないなって。

お金で苦労された経験がありますから、金銭感覚やお金の使い方はしっかりされているイメージなのですが……。

私の場合、その経験が逆に作用するんです。苦労した分を取り戻したい。割を食っていたのだから、その分使いたい。危険な発想なのですが。

支出は思考停止のための行為です。モヤモヤや不安を一時的にでも解消してくれる。それが人によっては、海外旅行に行ったり、ブランドもののバッグを買ったり、あるいはホストに貢ぐことだったり。しかも、これには中毒性がある。それで、38歳の私は何にお金を使うことで思考停止になるかと言えば、サウナ巡りです。

サウナですか。それ自体、さほど高額な支出ではないですよね。

入場料は1000円程度ですからね。でも交通費がかかる。「サウナの聖地」と呼ばれる場所が国内に3カ所、熊本、静岡、北海道。そのためだけに行くので、飛行機代がかさみます。

それと、生き物もウィークポイント。とくに爬虫類。黒目の白蛇は珍しいのですが、100万円なら迷わず現金を引き出しに行く可能性があります。そんな自分が怖いんです。

ただ、目を覚ませと言っている自分がいることも確かです。一時的に気持ちが豊かになっても、将来、資金が先細りしては困るわけで、欲望とは上手に付き合わなくてはいけませんね。

壇蜜さんは「恋愛と資産運用は価値観の部分で似ている」と言われました。では、壇蜜さんのために老後に資産運用で備えている、そんな男性をどう思われますか?

自分のお金で将来を考えてやってくれるのは、素敵だと思います。

だってそのお金って、ヘビを買うためでも、サウナに行くためでもなく、二人の将来のため。人生100年時代に途中で放り出されないよう、地に足を付けて生きて行くためのお金じゃないですか。だから、資産運用の目的がはっきりして、リスクにもちゃんと向き合える。そうやって、お金を積み立てる人って強いし、自分で靴下を履けなくてもやっぱりかっこいいですよ。不安だからするのでなく、自分が強くなるための鍛錬のようにも見えます。

そしてできれば、お金だけじゃなくて、時間も私のために割いてくれたらさらにうれしいな。

壇蜜さんが語る、将来のこと「自分で靴下も履けないような人が、資産運用してるってかっこいい」 - お金だけじゃなくて、時間も私のために割いてくれたらさらにうれしいな

恋愛からお金のことまで、誇張をせず、隠すこともなく、自分の言葉でサラリと語る。それが壇蜜さんの魅力なのでしょう。 そして、将来や老後のために備えること、そのために資産運用することはその人の「強さ」だと表現されていたのが印象的でした。そして、自分や誰かのためにその強さを求める人は素敵だとも。 「iDeCo」も「つみたてNISA」も、税制メリットもあり、価格変動リスクも抑えられる、しかも少額から始められる資産運用制度です。さらに、強くて素敵な人になれるのなら——。始めてみる価値は十二分にありそうです。

インタビュー・文/清水京武 写真/山田英博

  • iDeCoの資料請求はこちら
  • つみたてNISA口座の開設はこちら

【つみたてNISAに関するご注意事項】

  • つみたてNISAは、すべての金融機関を通じて、同一年において1人1口座に限り開設することができます。(金融機関を変更した場合を除きます。)
  • NISAとつみたてNISAは選択制であることから、同一年に両方の適用を受けることはできません。NISAとつみたてNISAの変更は、原則として暦年単位となります。
  • その年の非課税投資枠の未使用分を、翌年以降に繰越すことはできません。
  • つみたてNISAの損益は税務上ないものとされ、他の口座で保有する上場株式等の配当金、売買損益等と損益通算することができません。
  • ETFの分配金は、証券会社で受取る場合(株式数比例配分方式を選択されている場合)のみ非課税となります。
  • 投資信託の分配金のうち、元本払戻金(特別分配金)はつみたてNISA以外の口座でも非課税であるため、つみたてNISAの非課税メリットを享受できません。
  • つみたてNISA以外の口座で保有されている上場株式等をつみたてNISAに移管することはできません。
  • つみたてNISAで保有されている上場株式等を、他の金融機関のつみたてNISAに移管することはできません。
  • 国外への出国等で非居住者となる場合には、所定の手続きが必要です。
  • つみたてNISAで購入できる金額(非課税投資枠)は年間40万円までです。銘柄の入れ替えも、買付金額分、非課税投資枠が消化されます。
  • つみたてNISAをご利用いただくにあたり、定期的、継続的に積立投資を行なう積立契約をお申込みいただく必要があります。
  • 20年の非課税期間経過後、翌年の非課税投資枠に保有商品を移管(ロールオーバー)することはできません。
  • つみたてNISAにかかる積立契約により買付けいただいた投資信託の運用管理費用(信託報酬)等の内容については、原則として年1回、お客さまへ通知いたします。
  • つみたてNISAに累積投資勘定を設けた日から10年経過した日、および同日の翌日以後5年を経過した日(以下基準経過日)ごとに、つみたてNISAを開設いただいたお客さまのお名前・ご住所を確認させていただきます。なお、基準経過日から1年以内に確認ができない場合、つみたてNISAへの上場株式等の受入が出来なくなります。 ※今後、法令・制度等が変更された場合、記載内容が変更となる可能性があります。(2019年10月現在)

【iDeCo(個人型確定拠出年金)に関するご注意事項】

  • 積立金の運用は加入者ご自身の責任で行われ、受け取る額は運用成績により変動します。
  • 運用商品の中には、元本確保されない商品もありますので、商品の特徴をよく理解した上で選択してください。
  • iDeCoは、老後の資産形成を目的とした年金制度であるからこそ、税制優遇措置が講じられています。
  • このため、原則60歳まで積立金を引きだすことはできませんので、ご注意ください。
  • 加入期間等に応じて受給できる年齢が決まります。
  • 手数料がかかります(運営管理機関や商品によって異なります。)なお「auのiDeCo」をご利用いただいている間は、運営管理機関手数料は0円(無料)となります。

【金融商品仲介業務に関するご注意事項】

  • 当社は、金融商品仲介業者として所属金融商品取引業者である大和証券株式会社(以下、大和証券)の証券口座開設の勧誘・媒介、および大和証券の取扱う各種金融商品とその取引に関するご案内を行います。
  • 金融商品仲介による証券口座の開設ならびに当該口座を通じて行われる有価証券のお取引は、お客さまと大和証券とのお取引になります。また、お取引により発生する利益および損失はすべてお客さまに帰属します。
  • 当社には大和証券とお客さまとの契約締結に関する代理権はありません。したがって、当社には大和証券とお客さまとの間の契約の締結権はありません。
  • 当社は、いかなる名目によるかを問わず、金融商品仲介業に関してお客さまから金銭もしくは有価証券の預託を受け、または、当社と密接な関係を有する者にお客さまの金銭もしくは有価証券を預託させることはいたしません。
  • 当社で金融商品仲介のお取引をされるかどうかが、お客さまと当社との他のお取引に影響を与えることはありません。また、当社でのお取引内容が金融商品仲介のお取引に影響を与えることもありません。
  • 金融商品仲介における取扱商品は預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。
  • 金融商品仲介で取扱う有価証券等は、金利・為替・株式相場等の変動や、有価証券の発行者の業務または財産の状況の変化等により価格が変動し、損失が生じるおそれがあります。したがって元本保証はありません。
  • お取引の際には、大和証券所定の手数料等がかかります。手数料等は商品・銘柄・取引金額・取引方法等により異なり多岐にわたるため、具体的な金額または計算方法を記載することができません。
  • お取引に際しては、契約締結前交付書面、目論見書または約款等の内容を必ずご確認の上、投資判断はご自身でされるようお願い申し上げます。
  • 金融商品仲介によりお取引いただいた有価証券は、所属金融商品取引業者が保護預りし、分別保管されますので、所属金融商品取引業者が破たんした際にも、所属金融商品取引業者の整理・処分等に流用されることはありません。万一、所属金融商品取引業者の破たん時に何らかの事由によりお客さまの資産が棄損した場合には、投資者保護基金により、おひとりあたり1,000万円までが保護されます。ただし、デリバティブ取引等一部の取引は保護の対象となりません。
  • 20歳以上のお客さまを対象とさせていただきます。また、すでに大和証券に証券口座をお持ちのお客さまは新たに証券口座開設をお申込みいただくことができません。口座開設にあたっては大和証券による審査があります。審査の内容によっては、口座開設をお断りする場合があります。
  • 信用取引を行うにあたっては、売買代金の30%以上で、かつ30万円以上の委託保証金が事前に必要です。信用取引は、少額の委託保証金で多額の取引を行うことができることから、損失の額が差し入れた委託保証金の額を上回るおそれがあります。
  • 当社のWEBサイトでご案内している大和証券の商品・サービスおよび取引条件等は、変更される場合があります。最新の情報については、必ず大和証券のWEBサイト等にてご確認ください。
金融商品仲介業者
商号等 auアセットマネジメント株式会社 金融商品仲介業者:関東財務局長(金仲)第872号
加入協会 一般社団法人 投資信託協会
所属金融商品取引業者
商号等 大和証券株式会社 金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第108号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
ディスクロージャー資料 業務及び財産の状況に関する説明書類【2019年3月期】
お客様苦情相談窓口 大和証券 お客様相談センター(受付時間:平日9:00~17:00・年末年始除く) 電話番号:03-5555-2222
大和証券株式会社
大和証券株式会社

大和証券では明日のためにお金を育てる新しい貯め方「証券貯蓄」をご提案しています。お金を口座に眠らせたままにするのではなく、しっかり育て、大きく貯める。これからの時代を見据えたあたらしいお金の貯め方が、大和証券の「証券貯蓄」です。
大和証券は株式や投資信託、債券のお取引だけでなくFX、先物・オプション等のお取引も可能な口座をインターネット経由でお手続き可能です。コツコツ積立したい方や税制上のメリットがうけられる制度のご利用、お客様にあった運用スタイルをお客様とともに作り上げ、証券口座を活用した「増やす」資産形成をご提供いたします。