マネーのレシピ

お金の専門家と一緒に、ワンランク上の資産運用を。

賢い人はすでに始めている 老後資金2,000万円のつくり方

突然ですが、質問です。100歳以上の人は、今から50年以上前(1963年)には日本全国でたった153人※1しかいませんでしたが、現在は何人いるかご存知でしょうか。

なんと、当時の450倍以上の約7万人です。またその数は、50年後(2069年)には約62万人(当時の4,000倍以上!)にもなるとの予測※2もされています。

今までよりも長生きするようになるということはその分、より多くのお金が必要となるので、そのための備えをしておかなければなりません。

先日、「老後に2,000万円の資産が必要」との報告書が金融庁から発表され話題となりましたが、仮にこの金額を30年間で準備するためには、月々どのくらいのお金が必要なのでしょうか。

30年間で2000万円積み立てるために月々必要なお金は預金(年率0.01%)だと約5.6万円に対して1%で運用できた場合は約4.8万円、2%で運用できた場合は約3.5万円となり預金と比べると約40%少ないお金で済みます
※ 本シミュレーションは、月1回の複利計算をしています。また、税金、手数料、費用等を考慮しておりませんので、実際の運用とは異なります。

上の図にもあるように、預金の場合(利率0.01%の場合)では月々約5.6万円の積み立てが必要なところ、もし3%の利率で運用ができれば、それより約40%も少ない、約3.5万円で済みます。※3

(積み立てるお金の累計は、預金約1,997万円に対して運用※4約1,241万円と、約756万円も少なく済みます!)

ちなみに、今すぐ運用を始めず開始時期が5年遅くなってしまった場合(期間25年間)、月々必要な金額は約30%(約1万円)増の約4.5万円と、年間で12万円も必要額が多くなってしまいます※4

あなたも今すぐ、以下のリンクから資産形成を始めませんか。

auアセットマネジメントの金融商品仲介サービスでは将来のための資産づくりのために大和証券、証券口座開設を承っております。iDeCo(イデコ)に加えて資産運用を検討しませんか?
※1:厚生労働省 プレスリリース(平成30年9月14日)
※2:国立社会保障・人口問題研究所「将来人口推計」(平成29年推計, 出生中位・死亡中位)
※3:計算された数値は、あくまでもシミュレーションであり、将来の運用成果を予測し、保証するものではありません。
※4:年率3%で運用した場合
大和証券株式会社
大和証券株式会社

大和証券では明日のためにお金を育てる新しい貯め方「証券貯蓄」をご提案しています。お金を口座に眠らせたままにするのではなく、しっかり育て、大きく貯める。これからの時代を見据えたあたらしいお金の貯め方が、大和証券の「証券貯蓄」です。
大和証券は株式や投資信託、債券のお取引だけでなくFX、先物・オプション等のお取引も可能な口座をインターネット経由でお手続き可能です。コツコツ積立したい方や税制上のメリットがうけられる制度のご利用、お客様にあった運用スタイルをお客様とともに作り上げ、証券口座を活用した「増やす」資産形成をご提供いたします。