ここからはauアセットマネジメントのウェブサイトです。直前にご覧いただいたウェブサイトはauアセットマネジメントおよび大和証券が作成したものではございません。
また掲載されている感想や評価は、あくまでも作成者自身のものであり、その内容についてauアセットマネジメントおよび大和証券が保証できるものではございません。
  
100円から
投資可能!

auAM未来都市関連株式ファンド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし) 追加型投信/内外/株式

こちらの投資信託のご購入には、大和証券の口座を開設する必要がございます。
金融商品仲介業務に関するご注意事項を必ずお読みください。

コンセプトConcept

当ファンドは未来都市を支える上で重要なインフラに着目し、
「通信技術のプロ」の知見を活用しながら、
「運用のプロ」が最先端のAI運用技術を用いて運用を行います。

ポイントPoint

“未来都市を支える”3つのインフラ

当ファンドでは、未来都市を支える3つのインフラ:「①基礎インフラ」「②移動を支えるインフラ」「③くらしを支えるインフラ」に着目し、「通信技術のプロ」が描く都市の未来予測を投資に活用します。

  1. ①基礎インフラ

    未来都市では、通信によりすべてがつながってあらゆるものが快適化・効率化されます。都市生活全体の快適化・効率化にはデータが分野を超えて連係することが必須であり、データ通信技術は未来都市の根幹を成すインフラとなります。

    >>基礎インフラの重要技術「エッジコンピューティング」

  2. ②移動を支えるインフラ

    未来都市では、あらゆる環境下で正確な位置情報等を把握できる超高精度なインフラ技術の進展とともに、ヒトの移動もモノの移動(物流網)も完全な自動化が実現すると考えられます。

    >>移動を支えるインフラの重要技術「MEMSセンサー」

  3. ③くらしを支えるインフラ

    未来都市では、様々なくらしのサービスが遠隔化、仮想・拡張化等を経て、AIによって統合されることが期待されます。

    >>くらしを支えるインフラの重要技術「BMI(ブレインマシンインターフェイス)」

「通信技術のプロ」の知見と「運用のプロ」の運用力を
最先端の運用AIが融合

「通信技術のプロ」の知見と、「運用のプロ」の調査・分析力を、最先端の運用AIが融合することで、足元の企業収益だけでなく、通信技術の専門的知見・都市の未来予測を活用し、中長期的な視点で投資妙味のある銘柄を発掘します。

「通信技術のプロ」の知見と、「運用のプロ」の調査・分析力を、最先端の運用AIが融合することで、足元の企業収益だけでなく、通信技術の専門的知見・都市の未来予測を活用し、中長期的な視点で投資妙味のある銘柄を発掘します。
  • 株式会社KDDI総合研究所は投資対象ファンドの実質的な投資対象銘柄の選定に関与するものではありません。株式会社KDDI総合研究所の知見は、auアセットマネジメント株式会社を通じて JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社に提供されます。当該情報には、有価証券の価値やそれを示唆する情報等を含まず、投資助言に該当しません。

【特別企画】モーニングスター × J.P.モルガン・アセット・マネジメント × auアセットマネジメントによる三社対談

モーニングスター朝倉社長と「運用のプロ」J.P.モルガン・アセット・マネジメント杉岡様、当社社長竹井による対談が実現しました。
他のテクノロジー関係ファンドとの違いや特長的な運用プロセス、これまでのパフォーマンスについて語りましたのでご覧ください

運用プロセスProcess

当ファンドのポートフォリオ構築プロセスは以下の通りです。

  • *預託証券(DR)、不動産投資信託(REIT)等を含みます。

ファンド(投資信託)のリスクについて

当ファンドは、値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、投資元本が保証されているものではなく、これを割込むことがあります。信託財産に生じた利益及び損失は、すべて投資者に帰属します。また、投資信託は預貯金とは異なります。

基準価額の主な変動要因については次のとおりです。
「価格変動リスク・信用リスク(株価の変動、リートの価格変動)」、「為替変動リスク」、「カントリー・リスク」、「その他(解約申込みに伴うリスク等)」

  • 基準価額の変動要因は、上記に限定されるものではありません。
  • くわしくは「投資信託説明書(交付目論見書)」の「投資リスク」をご覧ください。

お客さまにご負担いただく費用

「auAM未来都市関連株式ファンド」の購入時や運用期間中には以下の費用がかかります。(2020年11月現在)
くわしくは「投資信託説明書(交付目論見書)」をご覧ください。

お客さまに直接的にご負担いただく費用
購入時手数料
販売会社が別に定める率
<上限>3.3%(税込)
信託財産留保額 ありません
お客さまに保有期間中に間接的にご負担いただく費用
運用管理費用(信託報酬) 運用管理費用の総額は、日々の信託財産の純資産総額に対して年率1.199%(税込)
実質的に負担する運用管理費用 投資対象ファンドの運用管理費用等を含む総額 年率1.925%(税込)程度
その他の費用・手数料 監査報酬、有価証券売買時の売買委託手数料、先物取引・オプション取引等に要する費用、資産を外国で保管する場合の費用等を信託財産でご負担いただきます。
  • 「その他の費用・手数料」については、運用状況等により変動するため、事前に料率、上限額等を示すことができません。
  • 購入時手数料について、くわしくは販売会社にお問合わせください。
  • 手数料等の合計額については、保有期間等に応じて異なりますので、表示することができません。また、上場不動産投資信託は市場価格に より取引されており、費用を表示することができません。

金融商品仲介サービスについて

auアセットマネジメントと大和証券との提携により、大手総合証券ならではの豊富な商品ラインアップと情報ツールに アクセス可能!資産運用の選択肢が拡がります!!

auアセットマネジメントの金融商品仲介サービスでは当社が大和証券、証券口座開設手続きを仲介いたします。実際の証券取引は大和証券ウェブサイトにてお客様が直接行うため、大和証券で取扱の新規公開株式や公開買付銘柄のご購入などもおこなっていただけます。
大和証券株式会社(以下、大和証券)を所属金融商品取引業者とした金融商品仲介サービスをご案内いたします。
当社は、大和証券の証券口座開設の勧誘・媒介や金融商品等の勧誘を行います。
各金融商品のお客さまからのご注文については、すべて大和証券が受注いたします。

! 口座開設時の注意点

当ページから途中で×ボタンを押さずに、下記 (1)→(2) の流れで口座開設を完了してください。
  • お客さま
  • →
  • auアセットマネジメント
    (1) 当ページから注意事項を確認し、大和証券口座開設ボタンをクリック
  • →
  • 大和証券
    (2) 大和証券ホームページで必要事項を入力し、口座開設申し込みを実施
※各商品の費用・リスク・留意点につきましては、こちらのページをご参照ください。(大和証券株式会社のホームページに遷移します)
金融商品仲介業者
商号等 auアセットマネジメント株式会社
金融商品仲介業者:関東財務局長(金仲)第872号
加入協会 一般社団法人 投資信託協会
所属金融商品取引業者
商号等 大和証券株式会社
金融商品取引業者:関東財務局長(金商)第108号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
ディスクロージャー資料 業務及び財産の状況に関する説明書類【2021年3月期】
お客様苦情相談窓口 大和証券 お客様相談センター(受付時間:平日9:00~17:00・年末年始除く)
電話番号:03-5555-2222